性同一性障害と僕。

福井県にいるごくごく普通の36歳メンズ。ちょっと違うのは元レディ。

「カズオ・イシグロ」誰だよ。ノーベル文学賞の発表を聞いたときの僕の素直な反応

 

ノーベル文学賞に「ガズオ・イシグロ」だって!

誰それ。

昨日の夜、2017年のノーベル文学賞が発表されましたね。
読むのは好きなんだけど、好きな作家さん以外はノータッチです(笑)

 

てっきり日本の作家さんかと思いきやイギリスの作家さんなんだね。
せっかくなんでイシグロ氏をピックアップ。

 

なんせ、昨日初めて知った方なので未知の世界!
僕自身学ぶ気持ちでご紹介していきますよ~
作品とか紹介してるけど、まだ読んでないんだぜ☆
作品は是非拝見したいので読んだら追記しますね!

誰なんだい?カズオ・イシグロ

 

f:id:ookami-ftm:20171006094034j:plain

イギリ…日本顔だね

ご両親もうまれも日本なんだって

カズオ・イシグロさんは、ご両親ともに日本人で長崎産まれ。
1954年生まれで現在62歳。

父親が海洋学者で5歳の時にイギリス政府に招かれて家族でイギリスに引っ越したんだって。
1983年にイギリスの国籍を取得したから「石黒一雄」⇒「カズオ・イシグロ」になったんだよ。

 

イシグロ氏の作品って、多くのジャンルで色んな時代を描いてるんだけど作品のほとんんどはひとつのテーマが共通していて。
どの作品も「愛情」ってテーマをしっかり持って表現し続けてる。

 

そんなイシグロ氏の作品は、わかりやすく感動させるんじゃなくて登場人物の心情を表現するのがすごく上手で、登場人物はとりたてて目立つ感じでもなくむしろ控えめなのにその人物にすごく引き寄せられてしまう描写で読み手の心をグッとつかんでいくスタイル。

 

その分作品全体のスタイルがシンプルで読みやすいから初心者の方でも入り込みやすくて読んだ後イシグロ氏の作品にドはまりしちゃう人が多いんだって!

そんなイシグロ氏のデビュー作

f:id:ookami-ftm:20171006084419j:plain

 故国を去り英国に住む悦子は、娘の自殺に直面し、喪失感の中で自らの来し方に想いを馳せる。戦後まもない長崎で、悦子はある母娘に出会った。あてにならぬ男に未来を託そうとする母親と、不気味な幻影に怯える娘は、悦子の不安をかきたてた。だが、あの頃は誰もが傷つき、何とか立ち上がろうと懸命だったのだ。淡く微かな光を求めて生きる人々の姿を端正に描くデビュー作。王立文学協会賞受賞作。

 

一押しは「わたしを離さないで」

f:id:ookami-ftm:20171006094212j:plain

イシグロ氏の作品の中でファンも絶賛する作品と言われているのが「わたしを離さないで」
この作品は女優の綾瀬はるかさん主演でドラマ化されていて有名だったりします。

 

自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく――英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』を凌駕する評されたイシグロ文学の最高到達点。解説/柴田元幸。

 クローン人間や臓器提供がテーマだけあって内容が重すぎるらしくドラマ自体は不評に終わってしまったようだけれど…原作自体はとても素晴らしくファンの中でも一押しの作品。

 

作品自体はとても読みやすくて「カズオ・イシグロ」の小説を初めて読む人にはおススメの入門書ということでおすすめもされてます。

 

 

まとめ

 

しば犬くん、読んでないから説得力無いよ

ごもっとも

さて、さっくりすぎるほどのイシグロ氏の紹介だったけど(笑)
「控えめな表現ながらも登場人物に感情を寄せやすい」「初心者でも入りやすい」そんな作風からイシグロ氏の作品がどんなものなのか気になりだしてしまいました。

 

デビュー作から読んだ方が良いのかな?とも思ったけど「わたしを離さないで」が一押しで入門書という事で「わたしを離さないで」から読み始めることにします。

 

せっかくなのであなたも僕と一緒に「カズオ・イシグロ」デビューしません?(笑)