性同一性障害がわちゃっとしとる。

福井県にいるごくごく普通の35歳メンズ。ちょっと違うのは元レディ。

FTMの心理描写を表してる絵に衝撃を受けた話

f:id:ookami-ftm:20170917113719j:plain



何気なく(実はネタ探し)ネットを巡回していた時に見つけた1枚のイラスト。
このイラストを見つけた時、正直衝撃を受けてった言うか感銘を受けたって言うか。

 

あー…凄く的確に表現されてる。

 

って思った。
この絵を見た時、何秒か自分の中の時間が止まった位の衝撃。
え??大げさ?(笑)
だってホントなんだもん。

あまりハードル上げすぎるとイラストを見て頂いたときに
「なんやねん。たいしたことないやんけ」って思われそうで怖いねぇ。
でも、自分の中では結構存在感が出かかったイラストです。

 どちらさまが描いたのかもわからないけれど

イラストを見つけた後色々検索してみたんだけど、このイラストに関しての情報がうまく検索が出来なくてね。
このイラストをテーマにした記事とかもないかしらと探しても見つからないし、詳細はまったくわからない1枚のイラスト。

 

性同一性障害(GID)は心と体の性別が一致しない。
当事者以外の方がそういう状態の心境を感じるのは中々難しいと思います。
それはとても当然の事。

 

そして僕からすれば、当然の様に産まれ持った性別で生きていける感覚もわかりません。
男性としての体をもって生まれて男性としての認識で生活する事も、女性としての体をもって生まれてきて女性としての認識で生活する。
そんな世の中の当たり前であろう感覚がわからないのが性同一性障害です。

 

なので、ノーマルの方に僕たちの心境を説明したとしても100%伝わるのは難しいだろうな~って思ってます。理解はしてもらえてもね?

んんっ?それってどういう事なの?って言われた時

勇気をもってカミングアウトした相手や「性同一性障害」ってこんなんだよって説明した時、相手にうまく伝わらなくてもどかしい時このイラストを見せてみたらいいかもしれないよ。

 

f:id:ookami-ftm:20170917125632j:plain

 

「この服なんていいんじゃない~?あらっ!似合うじゃない!」
な~んてどこにでもありそうな母と娘のイラスト。

ですが、鏡に映るのは女性用の服を合わせられている男性の姿。

この鏡に映る姿が僕たちFTMの心境そのものなんです。
(治療を始める前の悩ましい時期だと捉えていただければと思います)

 

女の子なんだから女の子らしい恰好をしなきゃ。
女の子なんだからかわいい服着なきゃ。
そう思うお母さんはたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

 

ですが、僕たちFTMの性自認は「男性」
どんなに服が似合っていようが、可愛かろうが女装をさせられている
そんな僕たちの心境がストレートに表れてます。

 

イラストの中で、

母親に服を重ねられている現実の姿=生まれてきた姿
鏡に映っている姿=当事者が自分の中で認識している性別の姿

 

こうやって考えて頂けるとわかりやすいんじゃないかな~って思います。
もちろん僕たち性同一性障害の当事者が治療する前に鏡に映ってる姿が自分の認識している性別に映って見えてるってわけではないからね!
それもう違う治療だわ(笑)

でも、僕的の主観になってしまうので

記事書いててふと思ったんだけどね。
僕的にはすごく伝えやすい?伝わりやすいイラストだろうな~って思ったし衝撃受けちゃって色んな人に見てほしい!って思って記事にしたのはいいけど…

 

他の方から見たらこのイラストってどうなんだろうな~?

 

って疑問になりましてね?
伝わりにくい方に説明するには是非おすすめ!みたいな流れだったけど、
「こんなん見せられてもわけわかんねーよ!」って感じちゃったらごめんね。