性同一性障害がわちゃっとしとる。

福井県にいるごくごく普通の35歳メンズ。ちょっと違うのは元レディ。

性同一性障害な僕が内性器摘出手術した時の話【2日目】

f:id:ookami-ftm:20170901222148j:plain

タイに到着した翌日。しば犬は遂に手術を受けに行きます!
手術はどうだったのか!手術後の生活はどうだったのか!
じっくりお伝えしたい!!

 

だけど!残ってる記録がここまでなんです!
すみません!!

 

ほんと残念…。
どっかに日記帳残ってないのかなぁ…って探しまくってるけど見つかんない。
とりあえず、長々とお付き合い頂いた体験談はこれで最終回です。
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 タイ滞在2日目!ついに手術を受けます!

8時半にフロント集合という事で、7時に起床してシャワー浴びて荷物をまとめて準備完了。

 

エレベータを降りてフロントに向かうと一人の女性がこっちに気付いて、名前を呼ばれたので「あ、アジドラ(LAUXES)さんだ」と認識。

 

名前を呼んでくれた女性に鍵を渡してたらチェックアウトの手続きしてくれましたよ。
親切だよね!!

 

ソファーに案内されたので見てみるとそこには一人の男性が。
挨拶をして名刺をくれました。
男性は「ケンヤ」さん、女性は「タエ」さん。


改めて挨拶をして今日の段取りの説明を受けました。
そして今までの治療経歴を聞かれたので簡単に説明。
いつからホルモンを打ち始めるとか、胸オペはとか今日の診察とかで質問されるらしいんですよね~
だから前もってケンヤさんに伝えておくとケンヤさんがドクターやナースに伝えてくれるんだって。

 

質問されて、通訳をしてもらって「うーんと…」って悩んで答えてまた通訳してもらって…ってなるとすごく時間がかかっちゃうよね(笑)
だからケンヤさんが伝えるのを相槌打つ方が段取り良く進むという事でその打ち合わせ。
なんか、細やかなところまで行き届いてる感があって本当に安心。

 

その後少し雑談をして、いざ病院へ!

ヤンヒー病院に到着

f:id:ookami-ftm:20170901224249j:plain

タクシーに乗り約20分で病院到着。
病院に入ってまずびっくり。電話対応?の人の数半端ねぇ…

 

そしていました!ローラースケートスタッフ!

 

ローラースケートスタッフって?

各階にカルテを運ぶお仕事をしているスタッフさん達。
仕事の効率化・病院がすげー広いので迅速に運べるようにローラースケート着用。
そして病院内を物凄いスピードで駆け巡ってます(笑)

 

さて、そんな光景を見た後、エレベーターで7階へ。
受付を済ませて血圧・体重を計る(身長は…記憶申告(笑))
その後煙草歴など質問されるがケンヤさんが対応してくれる。
先ほどの打ち合わせ通りですな!


待ち時間にタエさんから病院での説明を受けてプリペイド携帯を借りる事になっているので、その事前チャージ分とペインフリー代・1000バーツを渡しました。

f:id:ookami-ftm:20170901225039j:plain

これが今回お世話になるプリペイド携帯。
かけたい番号を伝えておくと電話帳に登録してもらえるよ。

 

1,000バーツは入院中に何かあった際に使うお金として預けておきます。
携帯のプリペイドやデリバリーを頼んだときにここから払ってくれるんだって。
だから余った分はもちろん返って来ます。

ペーンフリー代の領収書をもらって、病室へ(病室は10階)
本日のオペは俺1人らしくていつもと違いスムーズに進んでいるらしい

病室に到着

病室では金庫の説明・事前説明(治療歴とか)など病室内の簡単な説明。
その最中、説明を受けましたよーって事で書類にサインする事が何回もあって大変だったよ(笑)

f:id:ookami-ftm:20170901225702j:plain

 

荷物は貴重品(お金やパスポート)を金庫に入れておいて、入院中使うもの(暇つぶし品やコンタクト入など)をベット横の棚に移動。

 

手術着に着替えて…

 

毛剃り儀式!!下の毛剃っちゃうよ!

 

バリカンでじょりじょり剃られました。
そらぁもう手際よく、遠慮なく。

 

その後は魔の儀式…浣腸。

 

前日食べてないし朝も出たので余り出なかった。
その後、左手の甲で簡易HIV検査の為の血液検査&点滴。

 

…の予定だったけど、血液が取れなかったため点滴つないで右腕から血液採集。
手の甲に点滴刺すの結構痛かったのだよ。
ここまでばたばたと進んで後は開始時間を待つのみ。

 

結構時間があったので前日に手術を受けた龍星(友人)の様子を見に行くことに。

 

ネットではあれこれやり取りしていて実際に会うのは初めて。

 

首が痛いらしくぐったりしてた(笑)
初対面らしさがこれっぽっちもなかったけどね。しばしの雑談後、病室に戻り時間をつぶしていると看護師さん登場。


どうやら事前説明があるらしい。
身振り手振りで説明を受けてコンタクトとピアスをはずして書類にサイン。
「手術を執行するよ??いいんだね??んっ!?」って書類だったかな。

 

その後ケンヤさんと新たに女性登場!!
術後お世話をしてくれる「マリ」さん。
紹介を受けてバカ話をして…

 

手術を担当してくれる先生の術前検査。
本日僕のオペを担当してくれるのはDr.Visut(ヴィスット先生)
ほんわかしてにこにこしてる先生でした。

 

日本語も多少しゃべっててくれて「だいじょうぶー」と言ってくれました。

 

後は手術時間までひたすら時間つぶし。
マリさんと談笑してましたー。