性同一性障害がわちゃっとしとる。

福井県にいるごくごく普通の35歳メンズ。ちょっと違うのは元レディ。

性同一性障害な僕が名前の変更を行った時の話【準備編】

f:id:ookami-ftm:20170815223623j:plain

もし、性同一性障害なあなたの名前がすこぶる女の子(男の子)らしい名前だったとしたら、めっちゃくちゃ嫌だよね!

 

僕の場合は「〇代」って名前だったから、どう転んでも女性な名前でした。
だからフルネームで呼ばれる場所ではすごく嫌だったしどうにかしたかったんだよね。

 

カウンセリングなどを初めて名前も変更できるって知った時は嬉しかったし、頑張って変更するための情報を集めたんだよね。
そんな僕の名前の変更をするためにやってきた事を紹介するよ。

 

この記録は2006年頃に当時しば犬が更新していたHPの記事を転載したものになります。
過程も2006年当初の事になりますので現在は手順などが変更されている可能性があります。
※おそらく現在は簡略化されている可能性はあるかと。
あくまでもこういう具合に進めていくという知識を身につける・参考にするという思いで読んでいただけたらと思います
質問やご相談は気兼ねなくフォームから送って頂けたら できるかぎり返信させて頂きます。

 

名前の変更を行うためにしたこと

f:id:ookami-ftm:20170815225746j:plain

通称名を決める

改名をするために今後使用していく「通称名」をまず決めましょう。
僕の場合、子供の命名の本を何冊か買ってきて参考にしましたよ。
元の名前とかけ離れた名前にはしないでおこうと思っていたから、親からもらった(今の)名前+(義理の)父親の一文字をもらい決めました。


そして手紙でではあったけど、変更しようと思う名前を両親に報告。
母親はその報告を受け、僕の命名の為の本を貸してくれと言ってきた。

 

しばらくして母から返事が返ってきた。
僕の決めた名前の色々な漢字や画数などが書いてあって姓名判断を一生懸命してくれたみたい。そこまで真剣に考えてくれた母親の気持ちが嬉しかった。

 

色々な漢字の中から、一番運命的に良い漢字で名前を決定しました。

通称名を使用する

裁判所に提出する書類の一つに「通称名の使用履歴」みたいなのがあって、この名前(通称名)で生活をしているっていう証拠が必要になってきます。

 

なので、通称名で作れそうなものは通称名で作っていきましょう。

 

例えばこんな物

・年賀状
・はがきや手紙
・動物病院の診察カード
・病院の診察証(カウンセリングの病院やホルモン注射を打ってる病院)
・公共料金の明細

公共料金の明細は結構効果大ですよ!

でも一人暮らしとかじゃないと難しいかな…

公共料金の名前の変更

公共料金が有効だということでガス・電気の各場所にメールにて名義変更の申し立て。
ガス・電気は各ホームページのお問い合わせからメールして、翌日には変更OKの返事がきたので翌月から変更になりました!

 

水道の場合、市管轄なので市役所HPのお問い合わせから変更届けのメール送信。
市役所(水道)から返事がきましたがさすが市の管轄だけあって変更にあたりいくつかの質問がきました。

質問の内容

・まず、(通称名)さんの住民登録地はどこでしょうか?
・失礼ですが、(通称名)さんと(実名)さんの続き柄は?
・納付書送付先は(実名)さんのままでよろしいですか?
・水道料金は口座変更になってますが、口座変更なさいますか?
・支払者名は、(実名)さんから(通称名)さんに変更なさいますか?

う~ん…変更に困る(笑)
やはりメールではしっかり伝わらなかった様なので再度細かくお伝えしてみたよ。

 

まず、(通称名)と(実名)とは同一人物です
事情があり名の変更を望んでいるので使用実績が必要なんです
ですので変更を願いたくメールさせていただきました
なので住民登録地、口座などは今まで通りです よろしくお願いします

 

と返事をさせてもらいましたが、それから返事がこなかったのでだめだったかな~と思っていたんだけれど、ある日ポストに「使用水量のお知らせ」が入っていて

 

使用者名が通称名に変わっていました!

 

市役所からなんの連絡も無かったので諦めていたのですがどうやら許可をもらえたようです!

申告するために用意したもの

・戸籍謄本+住民票(市役所にて)
・使用実績(古:昨年12月~新今年10月)約10ヶ月分+会員証など
※公共料金は強いみたいです

・親の同意書
・医師の診断書
・印鑑

親の同意書は「Word」で簡単に作成して親に署名をもらいました。
内容は…
「私は、次女(僕が次女だったので)「〇〇(元の名前)」を「●●(変えたい名前)」に変更することに同意します」
と、こんな感じ

ここまでが、裁判所に申請するまでに行った準備です。