性同一性障害と僕。

福井県にいるごくごく普通の36歳メンズ。ちょっと違うのは元レディ。

しば犬さん、こんな人生やったわ

f:id:ookami-ftm:20170719014021j:plain

しば犬のプロフィール

年齢:35歳

性別:男

誕生日:8月4日

星座:しし座

干支:とり

現在地:福井県

職業:メディアショップ

趣味:ゲーム・DVD鑑賞(サスペンス・ホラー大好きw)

性格:人見知り・頑固

 

自己紹介

小さいころからパソコンが大好きで情報商業化を卒業しています

だからといって…理数系に強いかと言われたら…泣くしかない頭脳

なので…特に頭が良いわけではありません(笑)

しいていえば…中の下

ただのアホゥです

 

 

アニメや漫画が大好きで 20歳を過ぎたころから

ニコニコ動画にどっぷり入り込み重度の中毒者

(現在は作業に費やして楽しめてませんが…)

 

 

ニコニコ動画でも特に「ゲーム実況動画」にはまっており

ゲーム実況者としてデビュー

今は更新してないけどね…

 

人見知りが過ぎる青春時代

 

自分で言うのもなんだけど…

小さいころは結構活発でみんなともよく遊ぶような元気溌剌な子供

 

朝起きて、保育園に行ってみんなと遊んで夕方まで遊んでは

たまに遅くなって

 

早く帰んなさいって言ったでしょ!!

 

って怒られるそんな普通の子供

 

 

小学生になり、あほ丸だしな(笑)

成績のまま高学年まで上り友達とも普通に楽しく過ごして…

なにも問題なく成長していくはずだった

 

あの時まではね…

 

中学校思春期ともなり定番ともいえるクラスの女子に恋心を抱いてしまった

 

でもこれが問題だった…

 

 

ん?問題って?何が問題なの?

 

 

と、お思いでしょ?

問題があったのは僕自身、そう…

 

 

 

 

その時の僕は「ザ・オトメ」だったんです

 

 

 

性同一性障害」という言葉を聞いたことありますか?

一時結構テレビとかで話題になったよね

 

モデルの「佐藤かよ」さん

彼女も性同一性障害という事で有名

ちなみに「佐藤かよ」さんって⇒佐藤かよさんのブログ

 

簡単に説明すると

「心の性別と持って生まれた体の性別が一致していない」病気

これを「病気」と表現するのは今でも抵抗がある

 

 

僕の場合、体は女性だけど心の性別は男性

もちろん学生の頃はそんなものがあるなんて全然知らないから不思議な気分だった


その恋心が原因で始まっちゃったんですよいじめ


ひとクラスとかかわいい感じではなく…クラス外の人からも

 

暴力的な事があったり靴隠されたーとかそういってことはなかったんだけれど

今でも1番記憶に残っているのは

あるクラスの子に呼び出され着いていくと待ち受けていたのは5人の刺客女子たち

元は仲が良かった、一緒に行動していた子達

 

 

その子達に一方的に言葉攻めを浴びせられ何も反論できずに立ち尽くすしかない

目の前で横一列に並ぶ元友人たち

1人1人僕に何かを言っている、時には何人かの言葉が重なったりしてる

 

その1人1人を眺めながら完全に僕の気持ちは他人事の様になってた

意識はここにあるんだけど心は別の所にある感じ

どこか空中で自分を眺めている感じ

 

 

完全に自分の気持ちの許容範囲を超えた感じ


ただただなんか悔しくて、悲しくて

完全に自分の中の何かが壊れた

 


なんでこんな目に合わなきゃいけないのか

なんでこんな罵倒されなきゃいけないのか

 


何かを言われ続ける毎日

その頃からもう自分の中には劣等感しかなかった

 

「僕って生きてちゃいけない人間なんだな…」

きっと生きててもいい事なんてない

 

人と接するのが極端に怖くなった

リストカッターで気を紛らわすことを覚えた

誰と会っても、きっと僕の事何か(悪い感じに)思ってるはず…

何か思われてる…こいつ気持ち悪いって思われてる…

 

 

そんな事しか思えなくなっちゃって


極端な人見知りがみごと誕生

 

 

中学校を卒業して高校に入学しても

自分に自信が持てず1人で過ごしてた、1日1日が苦しくて

日々周りからの目を気にして過ごしてた

絶対何か言われてる思われてるとしか考えられなくなったんだよね

 

 

それでも途中でやめることなく通い続けたことを今でも母親は誉めてくれる

小さい頃から根気強さはあったんだろうなって感じる

 

高校卒業後、無難に就職しました

 

高校を卒業してすぐに就職

 

親のすすめで義理の兄が働いているグループが経営している

スーパーマーケットに受かりそこで働き始めることになった

 

 

接客業と言う僕にはヘビーな職業だったけれど

自分の未来にも何も興味が持てなかったので

なすがまま、流れるがままに身を任せる事ばかり

 


正直、未来なんてどうでもいいって考えてた

 


でもいざ社会に出てみると学生時代とは違いやはり大人な感じ

それに新しい環境っていうのもあって学生時代の時よりは楽だったから

心機一転気持ちを切り替えて頑張ろうって毎日過ごしてた

 

それでも人と接するんはやっぱり苦手で

それでも接客業なので一生懸命気持ちを我慢してたけどね

 

人と向き合うとその瞬間

「心の中ではこの人僕の事を貶している」って思っちゃう

 

それが辛いから無駄に明るく勤める日々

この頃からマインドシャッターなる技を習得し始めたかと(笑)

自分を演じるって事が増えてきた

 

ヤスケっていう1人の人間を演じている自分

明るく、愛想よくいれば誰も自分を貶さない

 

でも結局は八方美人みたいなもの

 


そんな毎日、精神的に疲れるばかり

 

 

周りからは「厳しい職場」として語られていたみたいだけど

もくもくと職務はこなせてた

レジよりも比較的接客を意識しなくて良い品出しや売り場整頓は好きだったから

 

 

 

そんな職場で同じことの繰り返しの日々

次第に業務開始時間が早くなり…

帰れる時間も遅くなり…

 

 

 

 

定時とは何ぞや!

と状態になってきたんですね~

 

朝7時前には出社して~帰るのは夜8時や9時
12時過ぎても残っていたことあったけどね…
残業なんてつかないけどね…


あーもー。

やってられっかぁぁぁぁぁあああ!!!

 

そんな毎日が続いていたある日…

こんな変わり映えのない毎日で…何が楽しいんだろ

これから先もこんなお決まりの日々が続いていくんだろうか…

好きな事もできずに…

 

 

 

精神的にも肉体的にも疲れる日々

次第にそんな事を考えるようになってきて

 

この頃からだったかな

転職を考えだしたのは…

そして、この頃ようやく「性同一性障害」という存在をしって驚愕

 

 

 

8年間務めいてた職場を退社しました

 

辞めたいと思いながらも辞める理由と機会がなくその後も

ただひたすら働き続けていたのですが

 

ある手術の為に入院することが決定

そう、乳房切除術(おっぱい取っちゃうのね)

 

 

しかも地元で受けれる手術ではなく県外の病院でないと受けれない手術で

術後もしばらく入院、退院後も長期間の安静期間が必要になっていました

 

 

(☆∀☆)  …ちぃやぁぁぁぁんす(アスカ風)

※知らない方ごめんなさい(笑)

 

 

不謹慎にもその入院を理由に退社を決意したんですよ!

 

早速上司と話し合い…

 

 

や、さっき「(☆∀☆)  …ちぃやぁぁぁぁんす」

とか言いましたけど(笑)

 

責任部門を長期間管理が出来なくなる申し訳なさが

あったのは本当ですよ?

他の方の迷惑になってしまうのは確実ですし

 

「籍だけは置いておいて戻ってくるとかなんとかならない?」

有りがたい事に引き止めてもらえたけれど

 

 

正直その頃もう(男性)ホルモン注射を打ち始めていたので

声とか外見も変わり始めていたので(髭とか(笑))

さすがに8年も勤めていると馴染みのお客様もいる

 

いくらパンツにカッターシャツ姿とはいえ

(※当時は女性の制服が嫌で無理やり男性社員の格好してました)

 

ホルモン注射を打ち始めていたので

外見や声も変わって来てた、髭が生えていたり声が低くなっていたり

これ以上今までみたいに接客は出来ない、事を伝え…

 

数回の話し合いの結果

退職の許可が下り8年間勤めていた職場を退社しました

 

一緒に働いた方々が泣いてくれたのを思い出すと

今でも複雑な気持ちになりますね

 

 

ただこのときは…

再就職はなんとかなるだろうと思ってた…

 

新しい職場で男性として生き生きと仕事をしようと期待に胸をふくらませてた

 

 

世の中そんなに甘くない

 

手術も無事終わり地元に戻り安静期間の間

失業手当が受け取れることになっていたのですが…

 

収入があると手当がもらえないという話になり

※正確には○万円以上の収入だったかと…

 

 

それじゃぁ生活していけないじゃん!

 

 

という事になりアルバイトをしながら就職活動に取り組んでました

(手当もらっとけばよかったと今なら思う(笑))

 

 

職安で面接先を探し⇒面接

の繰り返しの日々がスタートしました…

 

そう…

中々就職先が決まらなかったんです

 

接客業を卒業したいと思っていたので

工場系を受けまくっていたんですね

 

その面接先で…

 

 

今までの職種(接客)と違って暗い(雰囲気)けど大丈夫?

って聞かれたのが1番印象的だったね…

 

 

合計何社受けたのか…

 

面接を受けては不採用通知…不採用…不採用 

 

 

なんで採用されないんだよ…

正直悔しかった

面接時には正直に自分の性別の事を毎回説明した

 

もしかするとそれが原因かもしれない…

そんな事を考えるようになり次第には職安にもいかなくないり…

バイトだけに専念する毎日に変わっていったんです

 

完全に再就職失敗組に入ってしまった

 

そして学生の頃、スーパーで働いていたころを思い出し

就職するとまた周りに気持ちを構えながら過ごす毎日が続くのかって

本当にそんな生活しかないのなかって考える日々だった

 

 

余談だけど…

この頃、別の手術を海外で受け、戸籍も「メンズ」としての生活をスタート

 

 

ずっと働かない訳にはいかないので結局経験のある接客業のアルバイトを探して、今のアルバイト先に決まってもう6年が経とうとした頃

気付けばアルバイトのはずなのに仕事内容がだんだんと社員並みになってきて

 

おや?何やらおかしくないかい??
って思い始めた頃にようやく雇用状態を「契約社員」に変更してもらえました

 

え?このままずっとアルバイトだったらどうしよう…
とか考えていたのでありがたい気持ちだったけど

 

残業手当なし!休日出勤あり!有給使用不可!労災おりず!ボーナスなし!
っていう有難い待遇なので脱出はしたいかも(笑)

 

くそ長い自己紹介だったけど、お付き合いありがとうございます
こんな感じの奴が更新していきますよ

 

おなじ性同一性障害のあなたは、名前とか性別とか手術とかがどんな感じだったのか教えなさいよっ!!ってなりますよね(笑)
もちろん、これからぽつぽつと記事にしていこうと思ってますのでお待ちいただければと思います

 

性同一性障害にまーーーったく関係のないあなた!
この機会にぜひ、性同一性障害に触れてみる良い機会ですよ??
いえ、ぜひ触れてください(笑)
皆、頑張って生きていますので

 

趣味&性同一性障害のブログ「性同一性障害がわちゃっとしとる」
よろしくお願いします~